お葬式の全国平均はいくら?

最近はお葬式の形態にも色々と変化がみられます。死者を弔う気持ちには変わりありませんが、突然のことも多く、費用の用立てが大変な場合も多くあります。また、死者もそういうことをよく承知していて大きなお葬式を希望しない人が増えています。

お葬式にどれくらいの費用がかかるか、実際にお葬式を行う前まで知らない人も多いようです。お葬式にはどれくらいの費用がかかるのでしょうか。一般的な全国平均のお葬式費用はなんと236万円です。全国ではこの費用なのですが、地域別にみても費用に幅があります。名古屋や関西などでは平均が370万円、逆に北関東、茨木や群馬などは170万円程度が平均ということで200万円も違いがあります。東京は、270万円程度と平均より少し高い程度です。この費用の違いは、お葬式を慣習的に豪華に執り行うところ、質素なところの違いもありますが、葬儀社の違いなどもあります。

葬儀社にお葬式を依頼すると最初の見積もりよりも高くなることも多く、最終的には高くついたけれど後のまつりというケースも見られます。そこで「小さなお葬式」です。「小さなお葬式」は全国展開を行う葬儀社ですが、シンプルかつ無駄を省いたお葬式をモットーに低価格でわかりやすい料金設定で葬儀を取り仕切ってくれます。そのため、全国平均でかかる金額よりもはるかに低料金にて葬儀が執り行えるのです。なんと一般的なお葬式である100人までのお葬式の費用が63万8000円で、東京の平均より200万円も安いのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ